毒屋群青のぴく悪用ブログ「血に飢えたワラビー」 タイトルは不定期に変わりま……せんでした。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レフト4デッド体験版
 レフト4デッド体験版をプレイしたので、ぴく悪の日記より先にレポ書きます毒屋群青です。レポといってもそんなに大したことは書きませんがいいよね。


 簡単に言うとFPSゾンビゲー。ゾンビがわんさかいる場所からトンズラするために、四人の主人公が力をあわせて銃をガンガンバンバンうっほほいしまくるゲーム内容です。
 プレイヤーは四人の中から一人を選んでプレイ。残る三人はNPCが操作するという、(毒屋さんのように)友達いなくて協力ゲームが楽しめるすぐれもの。NPCのAIはそれなりに優秀だと思う。でも率先して前に進んでくれないので怖がりな毒さんには酷。

 敵となるゾンビは、こちらに気づいていない時はじっとしてるかフラフラしてるかだけという、無職時代の毒屋さんのようなヤツらばっかり。もしくはクリスマスの夜の毒屋さん状態。この状態なら楽に倒せます。
 が、一旦気づいたらゾンビのクセして映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」ばりに猛ダッシュで駆けつけてくれるから大変だ。何がお前をそこまで駆り立てるのか。もっとも耐久力がないので近づいても難無く倒せます。


 まあそこまではいいんですが。このゲームは時折「ラッシュ」と呼ばれる無数のゾンビが大量に押し寄せてくるイベントが発生するから恐怖。全速力でかけてくるゾンビ達。怖ッ。場所によっては四方八方から押し寄せてくるのでますます怖い。
 毒屋さんはショットガンを武器に選んでいたので、一旦魂切れするとリロードに結構な時間がかかるためその間にまぁやられることやられること。武器を振り回す攻撃もあるのでそこまで困らないとはいえやはり大変。あ、今思い出したけどサブ武器で拳銃持ってたからそれ使えばよかったのか。

 他にも長いベロを伸ばしたり飛びかかってくる敵もいたりして、これらに捕まったキャラは一時的に行動不能になり、このまま放置すると殺されます。無抵抗をいいことに殺されまくります。こうなったら他の仲間が助けてくれるのを待つばかり。まさに協力プレイ。
 HPがゼロになった場合も、仲間が蘇生してくれれば大丈夫。逆に仲間がいないと死んだまま。といった感じなので、ランボーみたく一人で突撃するともれなく死にます。ホラー映画にはありがちな光景ですよね。


 実際にプレイした感想としては出来がかなりよくて面白いです。ただ、毒屋さんは怖がりなので危うく漏らすところでした。面白いけど……私には…………無…理……!! 随分昔に話題になってたびびりながらバイオハザードをやる実況動画みたいな状態のプレイでした。テヘッ。
 ラッシュ時のものすごい数に囲まれる感はかなり楽しいので、心臓の強い方にはオススメ。


 あと、一回プレイしただけなので実感できなかったけど、プレイヤーの腕によってゲーム中に難易度が変わるらしい。プレイヤーが何度もやられたりしてると難易度が下がって楽になったり、逆に手際よく進んでいると難易度が上がって敵の数も増えたりとか。なので、同じマップをプレイしてても敵の配置なんかも変わるっぽいです。よく考えられているなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dokuyake.blog90.fc2.com/tb.php/37-1a60d1af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。